先輩たちのメッセージ

HOME>学校案内>キャンパスライフ>先輩たちのメッセージ>永田 美智江

学校案内ページに戻る

キャンパスライフ

DSC_0230

2014年3月 第2鍼灸学科 卒業

永田 美智江

略歴

1964年生まれ
看護師国家資格取得
リンパ浮腫指導技能者資格取得
はり師・きゅう師国家資格取得
公益社団法人日本鍼灸師会 会員
一般社団法人兵庫鍼灸師会西宮支部所属
みちえ鍼灸院開院

現在の役職
みちえ鍼灸院院長
一般社団法人兵庫鍼灸師会理事 

みちえ鍼灸院
http://michie.harinet.jp/

鍼灸師を目指したきっかけ
 救急外来の看護師としての経験から西洋医学には限界があるのではないかと感じたからです。
来院された患者さんの苦痛に反して血液検査やCT検査に異常がなく、薬を貰って渋々自宅に帰って行く患者さんを多く見て来ました。
もっと他に出来る事があるはず。
これが西洋医学であるならば東洋医学ではどのような治療があるのだろうかと考え始めたことがきっかけです。
いつ頃から開業を考えていたか
 はり師・きゅう師国家試験受験の翌日には考えて決心しました。
これから先、鍼灸師としてどうなっていくのか考えた時、今のまま看護師として仕事を続けると鍼灸師になった意味がなくなる。
しかし、安定した収入を得るために仕事を続けなくてはならない。
そこで看護師をしながら空いてる時間を活用して開業をしようと考えました。
メッセージ
 私は47歳で鍼灸師を目指しました。
資格取得するまでには最低でも3年間を要するので「長い」と感じましたが、過去の3年間を振り返るとあっと言う間過ぎ去り、今日に至っていることに気付きました。
 これからの3年間を何もしないで過ごすか、鍼灸師になるために費やすかを考えたとき後者を選択した方が明らかにわくわくしている自分がいました。
 何歳になっても遅すぎることはありません。年齢で躊躇している方がいらっしゃいましたらどうぞ挑戦して下さい。
やる気があれば心配ありません!